Loading

ミュージカル「ダブル・トラブル」公式

NEWS

2022.07.29

笑いの中から俳優の生き様が見えてくる!~ゲネプロレポート~

ブロードウェイで大活躍する俳優兄弟、ボブ&ジム・ウォルトンが自分たちの主演作として2001年に作り上げ、2021年に日本上陸を果たしたミュージカル『ダブル・トラブル』。その直後にパラリンピック開会式を手がけて全国区となった演出家、ウォーリー木下による創意工夫に満ちた日本初演の舞台は大きな評判を呼び、1年強という短いスパンで再演される運びとなった。都内3劇場で連続上演される「2022夏」のうち、まずはシーズンAが有楽町・オルタナティブシアターにて開幕。7月28日に浜中文一&相葉裕樹、29日には浜中&日野真一郎のコンビが初日を迎え、直前に行われたゲネプロでヴェールを脱いだ。

本作の最大の特徴は、たった二人の俳優が、いくつもの役を目まぐるしく演じ分けながらふんだんに歌い踊ること。主人公はジミー(相葉/日野)とボビー(浜中/横山賀三)のマーティン兄弟で、ブロードウェイで作詞作曲家コンビとして活躍する二人は、ミュージカル映画の音楽を書く依頼を受けてハリウッドにやってくる。映画会社から仕事場として与えられたスタジオに、会社の社長、その秘書、映画監督、音響エンジニア、アシスタント、エージェント、出演予定の女優……と関係者が次々現れるわけだが、その風変わりなキャラクターたちを全員ジミー役とボビー役の俳優が演じるのだ。二人の俳優は、“老若男女への七変化”とともに、役から役への急すぎる切り替え、タップやピアノ演奏と言った難題の数々に果敢に挑む姿を通じて、“俳優としての生き様”をも見せることとなる。

浜中には、まさに芸達者という言葉がぴったり。声色を自在に使い分けながら五つの役をそれぞれ濃密に造形し、自身の役が自身の役のモノマネに苦戦する、という難関すらサラリと乗り越えて見せた。相葉はスーツもベレー帽も燕尾服も、ドレスさえも全く違和感なくよく似合う。あらゆる衣裳をスタイリッシュに着こなしながら朗々と歌い、ダイナミックに踊る様が逆におかしみを醸して魅力的だ。日野はジミー役で持ち前の気品と憂いを漂わせる一方、ほかの4役(+アルファ)では従来のイメージを覆す弾けっぷりを見せ、新境地を大幅に開拓。また浜中ボビーが、相葉ジミーが相手だと“兄と対等な関係の弟”に、日野ジミーとだと“兄の庇護下にある弟”に見えてくるのも面白い。相葉ジミーと日野ジミーの見え方もまた、横山ボビーが相手だと大きく変わってくることだろう。

一人違うだけでこれだけ変わることから分かるように、俳優の生き様まで見せる作品だけあって、二人ともが違えば全く別物とも言える舞台に仕上がるのが『ダブル・トラブル』。一組観ればほかのキャストも気になってくること請け合いの、“コンプリート欲”をそそる一作だ。“推し”のあらゆる姿が見られるという意味で、ファンにとってたまらなく嬉しいミュージカルであることは間違いないが、ぜひ様々なキャストで観て、大いに笑いながらそれぞれの生き様を感じてみてほしい。

テキスト:町田麻子


【Season A】
上演中~8月14日(日) オルタナティブシアター
浜中文一・相葉裕樹・日野真一郎(LE VELVETS)・横山賀三

【Season B】
8月16日(火)~8月30日(火) 有楽町よみうりホール
林翔太・寺西拓人

【Season C】
9月5日(月)~9月13日(火) 自由劇場
林翔太・寺西拓人/原田優一・太田基裕



当日券・上演時間など<よくあるご質問>はこちら

<公演スケジュール・チケット情報>はこちら
2022.07.29

【Season A】開幕!舞台写真・コメント到着!

取材会00_CO_0363
(写真左から)横山賀三(A)、寺西拓人(B・C)、林翔太(B・C)、相葉裕樹(A)、浜中文一(A)、日野真一郎(A)、原田優一(C)、太田基裕(C)
撮影:岡千里

舞台写真
【Season A】舞台写真
浜中文一、相葉裕樹、

舞台写真
【Season A】舞台写真
浜中文一

舞台写真
【Season A】舞台写真
相葉裕樹

舞台写真
【Season A】舞台写真
日野真一郎

舞台写真
【Season A】舞台写真
日野真一郎

舞台写真
【Season A】舞台写真
浜中文一、相葉裕樹

7月28日(木)、浜中文一・相葉裕樹・日野真一郎(LE VELVETS)・横山賀三出演のミュージカル『ダブル・トラブル』~2022夏 Season A~がオルタナティブシアターで初日を迎えました。
開幕直前に全Seasonキャスト勢揃いの取材会を行い、作品への思いを語りました。

【登壇】
浜中文一・相葉裕樹・日野真一郎(LE VELVETS)・横山賀三(Season A)
林翔太・寺西拓人(Season BSeason C)
原田優一・太田基裕(Season C)

浜中文一コメント
公開ゲネプロを終えると普段は、記者さんやカメラマンさんが記事や写真を撮ることに一生懸命なので、なかなか笑ってもらえなかったりで自信を無くすことが多いのですが、今回は、意外といける?となったので本番も楽しみです。
また、兄役のジミーを演じる人たちはクセの強い男性の役が多いので、羨ましいなと思っています(笑)
A、B、Cと3シーズンありますが、僕たちがいいスタートを切って、B、Cにうまく繋げて、Cで華麗に終われればいいなと思います。暑い日が続いていますが、体調に気をつけて元気な姿で劇場にお越しいただけたら嬉しいです。

相葉裕樹コメント
今回、SeasonAは出演者が4人で、組み合わせをシャッフルしながらお稽古をするなど、難しいことも多かったです。公開ゲネプロを終えて、自信が持てるところ、持てないところがわかれましたが、初日に向かってもうやるしかない!と思っています。
浜中さんの演じるミリーの「アッハーン」という笑い声は稽古場から生まれました。僕のお気に入りのポイントなのでぜひ楽しみにしていてください。

日野真一郎コメント
僕は明日、29日に初日を迎える形ですが、今日初日の浜中さん、相葉さんのお二方がいいスタートを切ってくださると思うので、勢いを止めずにつなげたいと思います。
また、この作品は役者が舞台上である意味、丸裸にされるため、ごまかしがきかないので、ドキドキしています。このような作品がもっと日本で流行っていけばいいと思っています。ダブル・トラブルがそのきっかけの一つになれればいいと思います。

林翔太コメント
前回の公演を拝見していたので、この作品のお話を頂いたときはびっくりしました。まさか自分がやることになるとは!お稽古に入るまでに、前回出演されている原田さん、太田さんペアの映像を何回も見て準備をしてきましたので、今日師匠とも呼べるお二人にあえて嬉しいです。ただ、これからまた新たな課題もお稽古で見つかっていくと思うので、引き続き頑張りたいと思います。寺西さんのミリー役がとても似合っていて好きなので、みなさんも好きになってもらえると思います(笑)

寺西拓人コメント
SeasonAのクセの強い方々の後を引き継ぐわけですが(笑)、お稽古の時から、その方々に引っ張られないようにつくっていくのも楽しかったです。本編の中で、兄弟の話に全く関係ないシーンがあるのですが、そこがこのシーンでやるの⁉と、斬新でお気に入りの箇所ですので、期待してください。全シーズン誰一人欠けることなく、走り続けられたらいいなと思っています。

原田優一コメント
前回、初めてこの作品を演じた時は、ゴールもわからず、いろいろ手探りなことだらけでした。
この作品は、舞台上もとても面白いですが、裏側もとても面白いので、裏側もお見せできたらいいのになぁと思っています。また、初日と千秋楽で、同じ役でもお客様に育てられてキャラクターが変わっていくこともあるので、1回だけでなく 何回も観に来ていただけたら嬉しいです。

太田基裕コメント
この作品は、前回出演していたときは、しんどかったはずなのに終わってしまうと良い想い出しか残らないので、このお話をまた受けてしまいました(笑)
また、このセットを観たときにエモい気持ちと戻ってこられた喜びをひしひしと感じています。ぜひ、劇場にお越しいただきお気に入りの役を見つけて、一緒に来られた方とそのお話でお茶会などをして上演後も楽しんでいただけたらと思います。

横山賀三コメント
お稽古の1か月間は怒涛の日々でした。
タップやピアノなど、初めて挑戦することも多かったのですが、キャストの皆さんが優しい方ばかりで、暖かく見守っていただいたり助けていただきました。
また、皆さんのお芝居を観てたくさん吸収していました。
勢いよくAから始まり、僕の出演回でももっともっと盛り上げてBに引き継げるように頑張ります!


【Season A】7月28日(木)~8月14日(日) オルタナティブシアター
【Season B】8月16日(火)~8月30日(火) 有楽町よみうりホール
【Season C】9月5日(月)~9月13日(火) 自由劇場



当日券・上演時間など<よくあるご質問>はこちら

<公演スケジュール・チケット情報>はこちら
ページトップへ